about RUANN

RUANN

16歳 (高校1年生)
シンガーソングライター

音楽

RUANNの音楽とは

彼女の作る歌詞には説得力がある。

それは、おそらく彼女自身の経験から
でてきたもの。

前向きで力強いメッセージで僕らを鼓舞し、

寄り添うような優しい言葉で僕らを癒す。

彼女の歌声は驚くほど力強く、
パワーをくれる。

心地よいハスキーボイスは
いつまでも聴いていられる。

多彩な歌い方を繰り出し、
それがスパイスのように効いて
飽きさせない。

特筆は彼女のロングトーン。

それが来ると分かっていても、
彼女の声を聴くたび、
息をするのを忘れ、
心が震える。

毎回、圧倒されてしまうのだ。

彼女が他のアーティストの曲をカバーするとき、
いわゆる耳コピでアレンジを考えるという。

彼女がカバーすると、
まるで彼女の曲かと錯覚するほど、
独自の世界感を醸し出す。

彼女の歌の世界観は唯一無二のもの。
耳の肥えたプロをも魅了する力がある。

アコースティックギターとピアノを弾きこなす。

本格的に始めたのは12歳だというから、
相当に練習をしているのだろう。

彼女のギターテクニックのなかでも、
スラム奏法が特にクールだ。

ライブでは、Kazooという楽器を使ってみたり、
ループステーションで、ボイスパーカッションや
コーラス、演奏を多重録音して歌ったり。
彼女はいつも新しいことに挑戦している。

「音楽は短い時間で自分を表現できる」

「音楽は、映画や小説と違って、
 数分でみんなの心に届けることができる。
 歌には、短い時間で人を感動させる力がある」

(2018年3月、インスタライブより)

(詳しくは SONGSのページ を見てね)

ダンス

幼少期から鍛えたダンススキルは
上手、なんて言葉で済ませられないくらい
超クールだ。

ヒップホップが得意のようだが、
かつて主演を務めたミュージカルでは
様々なパターンのダンスを披露していた。

SNSでは、三浦大知のカバーダンスや
オリジナルダンスを観ることができる。

彼女のダンスは、指先から身体全体、
そして目の動きに至るまで、
細やかに、かつダイナミックに表現する。

静と動を織り交ぜて、
観るものを引き込み、圧倒する。

彼女にとってダンスは
緊張をほぐすアイテムでもある。

ライブステージでは、
登場直後にダンスをすることが多いが、
毎回の全力アクトに観客は
一気に心を持って行かれる。

(詳しくは DANCEのページ を見てね)

来歴

それでは、
RUANNとはどういう人物なのか、
時系列で辿ってみましょう。

2003年7月21日、大阪にて誕生。

Michael Jackson、Beyonce、
Taylor Swiftなどに影響を受け、
幼少期より音楽に興味を持つ。

So cute!!

(2018年8月放送「おはよう朝日です」より)

7歳頃より歌やダンスを本格的に学ぶ。

2013年12月、2014年3月(当時9歳)
テレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」 に出演。

2015年8月、2016年1月(当時12歳)
テレビ朝日「musicるTV」に出演。

(詳細は MEDIAのページ を見てね)

2015年10月(当時12歳)、
ゆずの北川悠仁が楽曲提供する
「スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』」
主題歌のソロボーカルとして抜擢。

(詳細は TETOTEのページ を見てね)

2015年(当時12歳)より、
特定のスクールとは距離を置き、
個人でのアーティスト活動を本格化。
SNSへの動画投稿を再開。

アコースティックギター、ピアノ等の演奏や、英語、韓国語等の語学は、ほぼ独学で学んできたとのこと。

「小学校1年か2年生の頃、三浦大知さんが椅子を使って踊る『Lullaby』のミュージック・ビデオを、母に見せてもらったことがきっかけです。その時に、私も歌って踊るんだって、はっきりと決心しました」

「その頃はただ音楽が大好きで、やりたいと思った時にはもう体が動いてました。見よう見まねでやっていた部分もありますし、スクールで教えてもらったこともあります」

(2019年8月29日 MEETIAインタビューより)

「でも、踊り過ぎちゃって、発育期によくあるオスグッド・シュラッター病になっちゃたんです。それで、ほかに何かできないかなって、中古屋さんでギターを買って弾くようになりました。すごく楽しくて、一気に楽器を弾くことへの興味が高まって、ピアノやドラムも始めたんです」

(2019年8月29日 MEETIAインタビューより)

「テレビだといろんな言語が流れることはないじゃないですか。YouTubeだと世界中の言葉に触れることができます。そこで、Taylor SwiftやLady GagaCeline Dion、Michael Jacksonの曲を聴いて『英語って喋り方がかっこいい』と思ったり、防弾少年団に興味を持つようになって『韓国語ってかわいい』って思ったりして、その言語についてGoogleで調べて。すべてスマートフォンのなか、インターネットがあったからなんです」

(2019年8月29日 MEETIAインタビューより)

「もちろん、国によって話す言葉は違うし、音楽にもジャンルはある。でも、ジャンルがどうとか国がどうとか言う前に、私にとってはその一つひとつが宇宙の大切な音楽。そこに壁があるのは、寂しい」

「言語やジャンルは壁じゃない。私が語学を大切にしているのは、音楽の素晴らしさをもっともっと感じたいから」

(2019年8月29日 MEETIAインタビューより)

自分に合った勉強法を見つけるのが一番

(2018年3月インスタライブより)

2016年3月末~4月初旬(12歳)、小学校卒業後の春休みに行ったニューヨーク。

地下鉄ホームや路上でのライブ、バーレストランでのオープンマイク出演と初ワンマンライブ、Apollo Theater「Amateur Night」でのダンスパフォーマンス、CNNの番組プロモーションビデオへの出演などを敢たす。

2017年2月、家族とともに
大阪から東京へ移り住む。

2017年3月 (13歳)、ONE OK ROCK(ワンオク)のボーカルTakaが、自身のインスタグラムへ彼女の動画のスクリーンショットを投稿し、”She’s so talented!” とコメント。

Takaは、その1か月後に開催される彼らのツアーコンサートへ彼女をゲストパフォーマーとして招待。

彼女は約2万人の観客の前で物怖じすることなく、ワンオクのカバー曲とオリジナル曲の2曲を弾き語った。

(詳細は ONE OK ROCK LIVE のページ を見てね)

ONE OK ROCK のコンサートへ出演後、
路上ライブ、音楽イベントへの出演など、
精力的に活動。

(詳細は LIVE のページ を見てね)

メディア等へも取り上げられる機会が
少しずつ増えていく。

(詳細は MEDIA のページ を見てね)

2017年7月14日、ファーストアルバム “Spice 13 Acoustic EP” をデジタル配信にてリリース。収録の4曲ともRUANN(当時は大山琉杏)が作詞・作曲。

(詳細は SONGS のページ を見てね)

2017年10月14日、国内で初のワンマンライブを開催

(詳細は LIVE のページ を見てね)

2017年12月11日、
アーティスト名を
「大山琉杏」「RUAN」から、
「RUANN」へ改名したことを報告。

報告です!!
私の名前がRUANN(ルアン)になります!!
N 一つ多いのです!!
今いっぱい曲を作って、レコーディングをしていて、みんなに届けたい曲がいっぱいあります!!
それをもうすぐ出すので新たなRUANNをよろしくです(^^)

2019年3月15日、トイズファクトリーより、RUANNの活動休止が発表される。

20190315

2019年6月19日、本人より、トイズファクトリーとの契約終了が発表される。

2019061902

これまでにワンマンライブを15公演実施。

Date Event Place
1 2016年
4月6日
- Prohibition
New York
2 2017年
10月14日
RUAN LIVE CITAN
東日本橋
3 2017年
10月15日
RUAN LIVE CITAN
東日本橋
4 2017年
12月16日
RUAN LIVE WALL&WALL
表参道
5 2018年
1月21日
RUANN LIVE
"GET THE GLORY"
WALL&WALL
表参道
6 2018年
1月28日
RUANN LIVE
"I AM STANDING"
WALL&WALL
表参道
7 2018年
3月11日
RUANN SCRAMBLE 14
CD Release LIVE
WALL&WALL
表参道
8 2018年
3月18日
RUANN SCRAMBLE 14
CD Release LIVE
WALL&WALL
表参道
9 2018年
4月7日
RUANN LIVE
"TEEN'S DAY"
WALL&WALL
表参道
10 2018年
4月8日
RUANN LIVE
"OVER 20's DAY"
WALL&WALL
表参道
11 2018年
7月15日
RUANN BIRTHDAY LIVE
~burning up!~
WALL&WALL
表参道
12 2018年
7月16日
RUANN BIRTHDAY LIVE
~burning up!~
WALL&WALL
表参道
13 2018年
8月11日
RUANN TOUR 2018 SUMMER
"LOVE & HOPE"
Shangri-La
梅田
14 2018年
8月26日
RUANN TOUR 2018 SUMMER
"LOVE & HOPE"
ReNY
新宿
15 2018年
12月23日
RUANN Xmas Eve2 Live 2018 ReNY
新宿

(詳細は LIVE のページ を見てね)

目標・夢

彼女の「目標」は、グラミー賞を獲り、
スーパーボウルで歌うこと。

「死ぬほど努める」

14歳のときには「夢」と言っていましたが、
15歳になって「目標」に変わりました。
進歩していくRUANNちゃん。素敵です。

「大切なのは、自分の意志でやりたいことをやって言いたいことが言えるようになることと、そこに集まってくださる方々がいること。まずは目の前にあることを、精一杯やって楽しむ。そして、たくさんの国の素敵な場所に行けたら最高ですね」

(2019年8月29日 MEETIAインタビューより)

2017年12月31日、
自身の感謝の気持ちと
今後の抱負を SNS へ発信。

これには隠しメッセージが
込められているんですが、
わかりますか?

 

2017年12月31日にinstagramのストーリーにみんなへのメッセージを載せていたのが消えちゃったので…
ここで再び載せて永久保存。
#みんなへ #ありがとう
#RUANN #3月のライオン #IAMSTANDING #放送まであと4日

2018年1月2日

各行の先頭文字を縦に見ると
「みせてやるよ せかいを」
と読めます。

世界での活躍を実現させることを
改めて力強く宣言しました。

 

先が楽しみでしかない!

2018年1月18日、音楽配信を手掛ける
Spotify との合同企画にて、
ファンへのプレゼントとして、
書き初め「おーぷん まいんど」
をしたためた。

 

その後、2018年1月21日のワンマンライブにて、オープンマインドは自身の目標であり、今年はより多くのアーティスト、ファンと関わって作品を創りあげていきたいと報告。 

最後に管理人よりひとこと(^o^)/。
RUANNは才能の塊のような人で、僕はそれに圧倒され、最初は憧れの念からファンになりました。ところが、彼女の、常に前向きの言葉を使うところ、自らの目標に向かって努め続けるところ、自分の限界を決めずトライし続けるところなどを見るにつけ、人間の魅力にもう心をわしづかみにされ尊敬の念を抱くに至っています。彼女を見ていると、自分もただの傍観者ではいられず、自分の人生をおもいっきり生きるぞ、と良い影響をもらい続けてます。

彼女はまだ若いので、これから色々な経験をするでしょうが、それをも糧にして僕らの期待なんか優に超えて世界へ羽ばたいていって欲しいと切に願います。今後もずっと応援していきます。