Pinky World

Pinky World

作詞・作曲:RUANN

男の子に好きと言われて、それからというもの自分の方が男の子のことをどんどん好きになっていくドキドキした感情を表現した曲。甘いバラード調のメロディーから始まり、サビはK-POPを感じさせられるポップな仕上がりになっていて、14歳の感性が光るカッコかわいさに魅せられます。

2018年8月11日のライブで、テクノ調(?)+キレっキレダンスのアレンジでパフォーマンスされました。これ、最高にキュートでカッコよかったです。わたしの場合、ライブが終わってから、実はこれがずっと頭の中から離れず、Pinky Worldが脳内再生され続けています。このライブから動画撮影が禁止になったので、次回のライブまでお預け。早く見たくてウズウズしています。中毒性が半端ないです。

歌詞の中で「にんみ にんみ にんみ」と聞こえる部分があって、ファンの中でも何だろうって話題になってたんですが、正しい歌詞が分かりました!

「Need me, Need me, Need me」だそうです!!

Eve2ライブで、ランディのくまさんがRUANNちゃんに聞いてくれました。

RUANNちゃんがTwitterで、この曲は作詞、作曲だけでなく、トラック作成から手掛けたと報告。才能が爆発してますね。

YouTubeリンク

コメントを書く

この曲に対する、みなさんの感想や想い、エピソードなどを書き残していただけると嬉しいです!

blog comments powered by Disqus