I’m just walking without you

I'm just walking without you

作詞・作曲:大山琉杏 (RUANN)

Released on June 14, 2017.

夢に向かって頑張っている人たちへ。
壁にぶつかったとき、もし孤独を感じたら私を思い出して。 
大丈夫、「君はひとりじゃない」、一緒に進んでいこう。

・・・彼女のエールが詰まった、心にしみる曲です。

歌の前半と後半で 、”you” の指し示す人が変わります。前半は、おそらくRUANNちゃんを「支えてくれた人」のこと、後半 (♪君は がんばってんだ、以降) は「この歌を聴いている人」のこと、だと思います。

以下は、私の想像でしかありませんが、こういうことかなと思っています。

「支えてくれた人」からたくさんの希望や愛をもらった。それに励まされて、自分の夢に向かって限界を超えて今も頑張り続けることができている。自分もまだ夢に向かっている途中だけど、「支えてくれた人」の考え方や想いを受け継ぎ、今度は私がみんなを支える側になる。

私は、この曲を聴いて、彼女が歌を歌う意味や決意のようなものを垣間見ることができた気がしました。曲の解釈は人それぞれと思います。みなさんの心にはどのように届きましたか? 下のコメント欄で教えてもらえると嬉しいです。 

公式の和訳がでてますね。iTuens、もしくはプチリリ☟をご覧ください。

YouTubeリンク

コメントを書く

この曲に対する感想や想い、エピソードなどを書き残してください!

blog comments powered by Disqus